廣萊爾富500慶 關閉
博民逛書店

博民逛書店

本店免開發票,若需要收據請在訂單內告知 ◎賣場50%為【簡體】二手書 ◎商品總重超過2公斤套書或超厚書另計運費 ◎絕版非全新售價會高於出版時訂價 ◎無法合併運費
二手書博民逛書店日本で老いて死ぬということ―2025年、老人「醫療?介護」崩壊で
  • 二手書博民逛書店日本で老いて死ぬということ―2025年、老人「醫療?介護」崩壊で
本商品為免開發票商品
  • 商品編號:p0161215387538
  • 店家貨號:9.7842E+12
  • 購買人次:0
  • 銷售件數:0

二手書博民逛書店日本で老いて死ぬということ―2025年、老人「醫療?介護」崩壊で

下單前【商品問與答】詢問存貨!超重費另計!商品由中國寄至臺灣約10-15天不包含六日與國定假日!

網路價
880元 約可獲得超贈點: 8 點
分期價
3期 利率為 3 % 每期302接受32家銀行
6期 利率為 3.5 % 每期151接受32家銀行
12期 利率為 6 % 每期77接受28家銀行
付款方式 【好會優!】刷富邦卡滿4仟送160刷卡金
刷卡紅利折抵 接受19家銀行
  • 信用卡 接受信用卡刷卡
  • LINE Pay接受LINE Pay
  • ATM轉帳 接受ATM轉帳付款
  • 全家繳費不取貨 全家繳費不取貨
交貨方式
服務承諾 七日鑑賞期內退貨免運費
店家即時通
分級標示普級
二手書博民逛書店日本で老いて死ぬということ―2025年、老人「醫療?介護」崩壊で

二手書博民逛書店日本で老いて死ぬということ―2025年、老人「醫療?介護」崩壊で何が起こるか罕見(日文原版書)Y18233 朝日新聞 迫る2025ショック取材班 (著) 朝日新聞出版 ISBN:9784022513878 出版2016

作 者:朝日新聞 迫る2025ショック取材班 (著)

出 版 社:朝日新聞出版

出版時間:2016-06

印刷時間:

印 數:

裝 訂:

版 次:

開 本:

頁 數:287頁

字 數:

I S B N:9784022513878

年 代:

裝 幀:平裝

尺 寸:

冊 數:

紙 張:

刻印方式:

代購商品
基本信息;
作者;朝日新聞 迫る2025ショック取材班 (著)
単行本: 287ページ
出版社: 朝日新聞出版 (2016/6/20)
言語: 日本語
ISBN-10: 402251387X
ISBN-13: 978-4022513878
発売日: 2016/6/20
商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 2.5 cm

內容紹介
団塊の世代が75歳になる2025年、家でも病院でも死ねなくなる!?
「多死社會」を迎えて病院がパンク、
政府は在宅の看取りを推奨するが、
訪問醫師、訪問看護師、介護福祉士の數が足りない。
今、何をすべきか?
豊富な現場取材をもとに考察する。

【目次】
第1部 日本で老いて死ぬということ
第1章 生きがいの喪失と回復
孤獨感募らせ、高齢者がうつに/役割得て回復/
増える「孫離れうつ」/「生きがい感じる」が8割 60歳以上/
ペットが生きがい/信仰が支えに/
一言きっかけに「あじパーティー」/戀の力、80代驚異の回復/ほか

第2章 難しい「平穏な在宅死」
穏やかな死を迎えられない?/救急病院が高齢者であふれる?/
在宅醫療アンケートで実態浮き彫り/悩ましい胃ろうの選択/
「つけてよかった。でも、2度目はない」/「胃ろうにしない」苦渋の決斷/
胃ろうのプロフェッショナル/胃ろうのメリット、デメリット/ほか

第3章 口から食べたい
栄養指導、生活変わった/退院後の食支える/
水ごくん、訓練いける/回復へ連攜ぴたり/
飲み込み、音で確認/垣根なくチームで/
地域でも助言し合おう/県境超えて態勢整備/ほか

第2部 介護の現実――在宅?施設 それぞれのリアル
第4章 3人介護
52歳、薄れてゆく記憶/深夜に突然起き、暴れだした/
妻の認知症、近所の人に話す/徘徊、高速道路を歩いていた/
在宅の限界悟り、入院を決意/始めての告白、泣いた/
父の介護、母泣く姿に危機感/入院、安心したのもつかの間/ほか

第5章 遠距離介護
往復1000キロ、孤立無援/父親と増える言い爭い/
遠距離介護、片道5000円以上が8割/家計への影響シミュレーション/
3人家族の場合、獨身の場合/知らぬ間に、親が高額契約/
點數ためて助け合う仕組みも/體験者と支援者に聞く遠距離化以後のコツ/ほか

第6章 ダブルケア
義父が徘徊、子は発熱/家族が次々インフルエンザ感染/
同じ保育園、入れたいのに/義父に思いやり、子も成長/
悩み、喜び、、、體験伝えたい/支援活動、情報不足なくせ/
「ワンストップ」で支えあい/情報提供、企業も取り組み/ほか

第7章 虐待を防ぐ
介護一辺倒はリスク/加害者の4割は息子/
理念と現実にギャップ/介護殺人を食い止める一言/
5回だけ妻をたたいた/多くの人の手を借りて/
一日の半分は自由時間/會社員が介護を始めるとき/ほか

第8章 在宅でみる
がん――治療盡くし自宅選択/痛み、薬でもとれず/
弱い父を認めたくなかった/うつ併発、何度も死にたい/
母娘、折り合いながら介護/輸血の判斷迫られた家族/
輸血は、、、本人の意思尊重/「輸血する」父は決斷した/ほか

第9章 訪問看護師の力
訪看さん、1000%信頼/患者家族にも親身/
絶妙の連攜ピリリ/回復、歯科醫師も協力/
本音ぶつける職場/ケアマネと席並べ/
遺族の喪失感癒やす/在宅でかなった最期/ほか

第10章 特養で看取る
桜を見送りに父は旅立つ/宣告に困惑、家族導く/
穏やかな顔にする/點滴は潤いのために/
自然に逝く形選ぶ/表情見て體調つかむ/
「施設で最期」奔走/夫婦の絆取り戻した/ほか

第3部 老いは地域社會で見守れるか
第11章 地域で暮らす
認知症の母も安心/無理しないのが一番/
家族が心開ける場所/日常生活崩さず介護/
しんどさ、分け合えた/症狀進み宿泊を利用/
本人尊重が決め手に/手厚い看取りに感謝/ほか

第12章 コミュニティ再生
入居35年、老いる親たち/醫療?介護、態勢作り急務/
若葉臺団地の歴史/獨身、両親介護の日々/
3階おきの停止に苦労/集い活用、見守る力に/
「在宅」病院巻き込む/若者呼び止め、交流拠點/ほか

最終章 未來へつなぐ
開業醫連攜で「総合病院」/橫浜市、各區に「在宅醫療連攜拠點」準備/
西區のモデル事業/「看取りの技法」全國に広める/
質の高い看取り、伝え続ける/「苦しい時こそ気づける支えは、誰にもある」/
超高齢化、生徒たち実感/ほか

內容(「BOOK」データベースより)
団塊の世代がすべて75歳以上になる2025年、病院でも家でも死ねなくなる!?知っておきたい、多死社會の介護と看取りの現実。

目次
第1部 日本で老いて死ぬということ(生きがいの喪失と回復
難しい「平穏な在宅死」
口から食べたい)
第2部 介護の現実―在宅?施設それぞれのリアル(3人介護
遠距離介護
ダブルケア
虐待を防ぐ
在宅でみる
訪問看護師の力
特養で看取る)
第3部 老いは地域社會で見守れるか(地域で暮らす
コミュニティ再生
未來へつなぐ)

18233/1654210771

  • 9.8 店家滿意度
  • 8.0 出貨天數
  • 1.0 回信天數
  • 11.1 缺貨率%
店家即時通
[x]
[x]

加入收藏清單

商品名稱:
標籤:(非必填)

你還可新增 個標籤 (每次新增限輸入一個,每次限10個字)
您可自訂標籤,方便資料分類與管理

常用的標籤:
資料傳輸中.